狭い敷地に適した住宅の工法と間取りポイント

工夫次第で広さを感じさせます

注文住宅は土地探しからスタートできる点が大きな特徴ですが、建てられる家の規模は土地の条件によって異なります。中には、止むを得ず狭小地で住宅を建てなければならないケースもあるでしょう。その場合、コンパクトな狭小住宅という制約がついてしまいます。しかし、それでも工夫することで狭さを感じさせない住宅が作れるのが注文住宅の良いところです。 例えば、床の高さを少しずつずらすスキップフロアを採用するケースが挙げられます。スキップフロアにすることで、同じ階であっても段差が生まれることで、実際の面積以上に広さを感じられる効果を生み出すことが可能です。また、コの字型の建物にすることで中庭を作ることもできます。中庭から光を差し込むことで、家の中を明るくすることにもなります。

限られた土地を有効活用する

狭小地に住宅を建てる場合、注文住宅にするのが望ましいといわれています。何故なら、各住宅会社では狭い土地を有効活用するためのノウハウが蓄積されているからです。コンパクトな狭小住宅の場合、いかにしてデッドスペースの有効活用できるかが問われます。デッドスペースを収納などに利用することで、生活のための空間を広げることがキーとなります。 例えば、コンパクトな狭小住宅では2階建て或いは3階建て住宅となることがほとんどです。すると、どうしても階段下にデッドスペースができてしまうでしょう。そのスペースに収納スペースを作ったり、洗濯機置き場を作ったりすることで解決できます。さらに、キッチンやダイニングの床下にも収納スペースを設けることが可能です。このように、普段使わないスペースをいかに有効活用できるようデザインすることが肝心です。

注文住宅で新築一戸建てを考えている方は、セミオーダー住宅にすると自由度の高い住宅が割安で購入することができます。