東、西側道路と間取りの関係

東側道路に面した住宅の間取りとメリット

注文住宅は間取りを自由に決められることが魅力ですが、間取りは方位によって大きく変わるものです。東側道路に接した住宅の場合、朝日を効率的に取り込めるというメリットがあります。住宅の東側が開けていると朝日が入りやすく、爽やかな朝の時間を演出することができます。朝日によって気持ちよく目覚めることや朝日を浴びながら朝食を食べることが可能になるのです。 また、東側道路に住宅が接していると南側にスペースをとりやすく、広々としたLDKの間取りを実現できます。加えて、LDKが南側に位置していると道路側から見えにくくなるため、プライバシー保護の観点からも優れています。2階建ての場合も同様で、寝室や子供部屋などのプライベート空間を外部から見えにくくするメリットがあるのです。

西側道路に面した住宅の間取りと注意点

西側道路に接した住宅は、東側道路に接した住宅と同様に南側に広いLDKの間取りとプライバシーの確保を実現すること可能です。ただし、午前中は朝日が入りづらく、清々しい朝を日の出とともに迎えることはできません。午前中は室内が暗くなりがちなため、南側のスペースをできるだけ広くとり、吹き抜けを作るなどして日の光を室内に取り込む対策をする必要があります。また、西側道路に接した住宅の場合、午後からは強い西日が入り込んできます。午前中に日の光が届かないからといって採光のために窓を大きくしてしまうと、午後からの強い西日に悩むことになりかねません。午前と午後の時間帯によって、室内に届く日の光も変化することを念頭に窓などは設置するようにしましょう。

分譲住宅はすでに完成している状態で買うことが多いので、内覧も欠かせません。内覧することでイメージとのギャップを避けて選ぶことにつながります。