高低差のある敷地に適した住宅の工法と間取りのポイント

平らにする工法を選択する

人気のある住宅地として丘陵地があります。近年にな宅地造成されたところが多く、高台にあるので水害は受けにくいです。その一方で土地に高低差が生じているときがあり普通に住宅を建てると将来的に傾く可能性があるかもしれません。丘陵地の造成地には一見平らに見えても固い土地と軟弱地が混在しているときがあり、その時は基礎を作る前に傾きにくい措置を取らなければいけません。よくあるのは軟弱なところに杭を打つ工法で、高低によって杭の長さを変えて調整します。杭を打つ工法以外にもコストが下げられるものがありますがそれぞれの土地の状態によって使える工法が異なります。しっかり地盤調査をした上で選択できる工法、コストを考慮して決めていく必要があるでしょう。

高低差がある部分に設備を設置

住宅を建てるための土地としては平らなところもあれば高低差があったりもします。同じ広さで立地が同じだと高低差がある土地の方が安くなるようです。ただ建物の建築費用が高くなる可能性があるので、トータルの費用を考えて選ぶ必要があるでしょう。高低差がある土地においては低い部分を埋めるのか活用するのかがあり、活用するときは埋めるコストを節約できます。ただ広さや高さに制限があるためそこを何にするのかには一定の制限があるでしょう。よくあるのは自動車の駐車スペースにする方法で、それ以外には地下室のようにするときもあります。一方が斜面になるので防音などをしなくても音漏れしにくくなります。シアタールームや音楽スタジオにすると良いかもしれません。

建売住宅とは、分譲住宅とも呼ばれるもので、土地とすでに建てられている新築住宅がセットになって売られています。