南側道路と間取りの関係

南側道路のよさを生かした間取りを

これまで住んでいた住宅を建て替えるときは、まわりの環境がわかっているので間取りも決めやすくなります。一方、土地の購入から始める場合は、思いがけない障壁が出てくるかもしれません。その一つとして、住宅と道路との関係が挙げられます。たとえば、南側道路と北側道路の2つから選ぶ場合はどうでしょう。やはり、日当たりのよさなどで選ぶなら、南側に道路がある土地にしたほうが利点も大きくなります。 一方、間取りを決めるときは、道路に面していることを念頭に入れる必要があります。道路を行き交う人から室内が丸見えになることも少なくないからです。もちろん、南側道路の土地に限ったことではありません。しかし、南側道路の物件のよさを生かすためにも、間取りは十分検討する必要がでてきます。

間取りの決め方や注意すべき点も確認しよう

南側道路の物件が持つ利点は、やはり「日当たりのよさ」と言えるでしょう。お天気がよい日はもちろんのこと、そうでない日でも、窓から差し込む太陽光の恩恵は大きいですよね。そのため、リビングなど、家族が集う場所を南向けにつくるケースが少なくありません。また、昼間は十分明るくて暖かいので、冬場などは光熱費を節約することも十分可能です。このようなメリットを知ったうえで、間取りを具体的に決めることが大切です。たとえば、リビングを作る場合、南側の空間を最大限生かすだけでなく、縦長の空間にする方法もあります。玄関やほかの部屋との動線なども見逃せません。そのうえで、外からの視線を防げるカーテンの設置など、注意すべき点もきちんと確認しましょう。

一戸建て」とは、二世帯住宅等を除いて一つの建物に一世帯しか住んでいない家のことです。ちなみに「一軒家」は独立した建物すべてを指すため、複数の世帯が住んでいる場合を含みます。