北側道路と間取りの関係

北側道路の間取りの特徴

北側道路は南側道路と比べて日が当たらないイメージを持つ方が多いかもしれません。しかし実際はある程度の庭さえあれば、効率的に光を取り入れられるのが北側道路なんです。なぜなら玄関が北側にくるために、南側の光が当たりやすい場所の全てをリビングや居室として使うことができるからです。しかし庭が狭いとリビングまで日が当たらない住宅も存在しますので、庭の広さには注意して下さい。

リビングや居室を南側に配置すれば、水周りや収納、ホールや階段などが北側に配置されますよね。丁度良いことに、北側に配置されるそれらの部屋には日当たりがあまりもとめられません。そして水周りや階段がまとまって北側にあれば動線が短くできます。このように無駄なスペースが少なくでき、かつ日のあたる場所を活用できるのが北側道路です。また、道路からリビングが見えにくいため、プライベート空間を作りやすいのも北側道路の特徴です。

北側の玄関を明るくするために

北側道路が暗いと考えられる原因として、玄関が暗いことがあげられます。たしかに北側から採光を取るために、南向きの玄関よりも暗くなりがちです。玄関は人が長時間滞在する場所ではないので、多少の暗さは問題ありません。しかしできれば明るいほうが良いですよね。そんな時は間取りや建具を工夫して光を取り入れましょう。

例えば玄関の上部を吹き抜けにして窓をつければ、直射日光ではなく北側からの間接的な光が取り入れられます。玄関ドアをガラスのスリットがついたタイプにするのもよいでしょう。リビングのドアをガラスの部分が多いものにして、リビングから光を取り入れるのも工夫の一つです。以上のように北側道路の間取りは工夫次第では効率のよい使いやすい間取りにしやすいです。日当たりを考えて選択肢からはずしていた方も、一度北向きの玄関を検討してみてはいかがでしょうか。