変形した敷地に適した住宅の工法と間取りのポイント

変形した土地に適した工法

変形した土地に住宅を建てたいというときには、在来工法では建てることが難しいケースが多いとされています。木造建築や鉄骨建築などは建築材料の形が変形した土地にあっていないためです。無理に在来工法で立てようとすると、無駄なスペースが多く出てきてしまいスペースの狭い家になってしまうことが考えられます。 変形地でも出来るだけ住宅スペースを多く取りたいというときに向いているのが、鉄筋コンクリート造という工法です。現場でコンクリートを打設するという工法ですので、変形地でも十分に対応したデザインで住宅を作れます。耐久性が高く耐震性・耐火性にも優れている工法ですので、安全に暮らせるといのもこの工法のメリットです。

土地に合わせた間取り造り

変形した土地で住宅を造るときには、建てる前に土地の形状に考慮しながら日当たりや風通し、道路などの位置を考えて間取りを考えていきます。出来るだけ広いスペースを手に入れたいという場合には、空間を仕切らずにワンフロアにしてしまうというのが簡単な方法です。また、階段をフロアの中に置いておくことでスペースの節約に繋がります。
周りの環境のせいで日当たりが悪いというときには、天井窓をつけることで採光を得られるようになります。デザインによっては、土地の形や高低差に建物の形も合わせることで、地下室を作ったり飽きない空間造りをすることも可能です。土地が余ってしまったという場合には、庭などを造ることで個性的な家を演出できます。